スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 328

 奈月は今手に入れたばかりの新幹線の切符をいったん白いトートバッグの内ポケットに収め、それから、黒い瞳を僕に向けた。
「奈月」と僕は彼女の名前を呼んだ。すると彼女は、僕が次の言葉を発するのを塞ぐかのように、すっと右手を差し出してきた。若竹のような彼女の白い手が僕の目の前にある。
「先輩」と奈月は言ってきた。それは懐かしい響きだった。大学生の頃から何百回も何千回も聞いてきた、奈月の声だった。
 僕は差し出した彼女の右手を、迷わず自分の右手で包んだ。すると彼女の5本の指は、僕の指の間にするりと入り込み、しっかりと握られた。奈月はもう1度、今度はさっきよりも力が抜けたような声で「先輩」と語尾を上げた。彼女の疲れ果てた顔は、少しずつほころびていった。まるで朝顔の花が朝日を受けて開いてゆくかのようだった。
「先輩、ほんとうに、ありがとうございました」
 奈月はくっきりとした笑みを浮かべた。その後で、左の目から朝露のような涙が1つ、こぼれ落ちて頬を伝った。僕の手を握る彼女の手は、ぬくもりにあふれている。さっきタクシーの中で手をつないだ時よりも、熱い。
 つい今まで一緒の新幹線に乗ることを考えていた僕だったが、その考えをそれ以上先に進めることはできないと思った。奈月にまじないをかけられて、心が石化してしまったかのようだ。
 気がつけば、涙は両方の目からこぼれ落ちている。窓から差し込む朝日が、涙をより光らせている。僕が強く手を握ると、彼女は反対に力をしだいに弱めた。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。