スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 340

 ほんの数分前、僕と奈月はそろってこの風景を眺めた。奈月は、京都を離れる時にはいつも寂しくなるのだと隣でつぶやいた。あふれんばかりの日差しに照らし出された奈月の横顔は、やるせないほどの寂しさを連れてきた。
 そうして今、1人でありふれた八条口の光景を眺めている。いつもの毎日が、何の疑いもなく始まろうとしている。奈月とここに立っていたことが、まるで前世での出来事のように感じられる。
 その時、上の方で、何かがつぶれる音がした。同時に、心のどこかもつぶれたような気がした。何だろう? と思った。
 他人事のように窓の外の風景を眺めていた僕の心に、突然、痛みが走った。
 奈月は今まさに、京都を離れようとしている。そのことが、目の前に突きつけられた現実として、再び胸を苦しめだした。
そうして、何かがつぶれるような音がした後で、再び奈月との思い出が蘇ってきた。
 大学時代に東山たちと一緒にここへ来た時のこと。奈月は小麦色に肌を焼き、透き通る海のような開放感にあふれていた。あの時奈月は、僕のことを好きでいてくれたという。そのことが、信じられない。
 それから、今回の旅の光景も思い浮かぶ。学生時代の雰囲気をひきずった昨日の奈月。それが、夜になると表情は一変し、様々な魂が宿ったかのように彼女は不安定になった。そして、明け方の野宮での記憶。初めて抱く奈月の身体、彼女のぬくもり・・・
 そんな想い出が、『源氏物語』における場面や、和歌、磯の風情とともに浮かんでは消えてゆく。僕と奈月の物語は、まるで1つの小説のように始まって、そうして、ここに終わろうとしている。
 そのことを思った時、今頭の上に響いたのは奈月がしおりを捨てた音なのだということを悟った。
 新幹線のエンジンが、天井の上で再びうなりはじめた。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。