スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋空に鎮魂歌

 今日は広島に入りました。
 昨日と同じく、さわやかな秋空に包まれていましたが、市内では自衛隊の車両がひっきりなしに行き交っていました。先日の大雨災害の復興活動が続けられていたのです。
 市街地に近づくにつれ、人がどんどん増え、平日というのに商店街には活気が感じられました。広島は独特のパワーに溢れた町だと思います。そういえば、この町から、日本の音楽界を支える多くのミュージシャンが輩出されています。矢沢永吉、浜田省吾、奥田民生、最近ではJUJUやParfumeなどがここから出ていると記憶しています。
 この町にみなぎるパワーが、偉大な音楽家たちの深奥に脈々と流れているのかもしれません。
 広島駅の近くにトラックを止めて周辺を歩いた時、広島カープのTシャツやユニフォームを着た人たちが目につきました。今年は首位争いに絡んでいるから、より盛り上がっているのでしょう。そういえば、小学生の時、広島市民球場で巨人戦を観戦したことがあります。その試合では、巨人のクロマティと原がアベックホームランを打ちましたが、すぐさま衣笠と長内がヒットで返し、ランスが逆転ホームランを打ちました。あの時の球場の盛り上がりは、いまだに心に染みついています。
 市民球場のすぐそばには原爆ドームと平和公園があります。あの時、試合の途中で球場を後にしたのですが、平和公園の方から球場を見上げると、ナイトゲームの照明がきわだって明るく、観客の興奮が町の空気を揺らしているようでした。
 今日久々に訪れた広島は、見た目こそ新しくなっていますが、人々のパワーは以前と変わっていないように思えて、なんだか勇気づけられました。
 70年前、この町は、一瞬にして焼け野原と化しました。そうしてたくさんの方々が命を落とされた。でも、その魂だけは、今なお大地に染みついているのではないか。帰りのトラックの中で、「広島風お好み焼き」ならぬサンドイッチをかじりながら、胸があたたかくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。