スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星に願いを・・・

 今日はどうしても身体を動かしたくて、ついさっきまで夜の道を走っていました。
 それにしても、ランニングするには夜風がちょうどいい冷たさです。
 ふと空を見上げると、満天の星。今日は、ことのほかきらめいているように感じました。

 これは私の全くの思い込みかもしれませんが、月は日本的で、星は西洋的なイメージがあります。ちゃんと調べたわけではありませんが、日本の歌にも星よりも月の方が多く登場するような気もします。(間違っていたらすみません・・・)

 平安時代では、月は男女の逢瀬を演出するものとして待望されていたのに対し、星は主に吉凶を占うためのものでした。しかもその占星術は日本古来のものではなく、中国から入ってきたものでした。

 ひょっとして、昔の日本人は感覚として、月よりも星の方がはるか遠くにあることに気付いていたのかもしれません。そうして月を、身近な存在として見上げていたのかもしれません。その親しみやすさが日本的な風情を誘ったのではないかと、これまた走りながら、勝手に想像しました。

 いずれにしても今日は、数万年前に放たれてようやく今届いた星の光を見上げながら、どことなく深遠な気分に誘われました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。