スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーアローズ・ストーリー 35

 監督である私がぶれてはいけないと頭では分かっていても、いざゲームが始まると、どうしても勝ちたくなるのが心情です。O高校のジャージを着た選手たちと応援団を目の当たりにした瞬間、前回の大敗の記憶が甦り、闘争心が沸き上がってきました。
 しかし、ゲームは、あくまでO高校のペースで進んでいきました。彼らは、伝統的な激突するラグビーを仕掛けてきます。「ずらスキル」を信条とする選手たちが練習でやってこなかったことなので、どうしても受け身に回ってしまうのは仕方のないことでした。
 それでも選手たちは臨機応変の対応で、O高校の攻撃を、身体を張って止めていました。前半を終わって、3対12。O高校に2本のトライを許し、逆にこちらはペナルティキックを1本決めていました。
 ハーフタイムで選手たちが帰ってきた時、正直、私はどう声をかけてよいか分かりませんでした。なにしろ試合の課題は2つだけなのです。しかも防戦一方で攻撃の機会があまりなかったために、課題の評価のしようもありませんでした。
 すると、フルバックのS君が、開口一番こう言いました。
「いける。全然怖くない」
 フランカーのT君も、「俺もそう思う。前よりも楽にいける」と続きました。副キャプテンのF君は、「とにかく相手のボールを奪って、『ずらスキル』を出そう」と言いました。彼はそのための具体策を1人ひとりに指示し始めました。私があえてアドバイスしようとしたことを、すべてF君が言ってくれました。
 彼らは改めて円陣を組み直し、いつもと同じように大声で目標を唱和してから、グラウンドに駆け出していきました。
 後半、F君の作戦で選手たちは意思統一し、敵のボールを奪って攻撃する機会が目に見えて増えました。「ずらスキル」と「パス」の見せ場がいよいよやってきたのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。