スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーアローズ・ストーリー 46

 夏休みが終わり、9月に入りました。スポーツの秋、勉強の秋と、何かと充実するはずのこの季節に、想定外の事態が2つ起こりました。
 まず1つは、全国大会予選のシード権を賭けたゲームで、O高校に0対31という想定外の大敗を喫したことでした。
 完全に私のミスでした。普通にやっていれば0高校に負けることはないというカズの自信に満ちた言葉を鵜呑みにするあまり、慢心に溺れていました。確かにスリーアローズは、夏休みの練習試合でも、各上の相手に対して互角以上のゲームをするまでに強くなっていました。ところが、そこにこそ誤算がありました。つまり、練習試合と公式戦は大きく違うということです。
 O高校は、春に負けた後、スリーアローズにリベンジすることにすべてを賭けていました。私たちが信条とする「バナナラグビー」を徹底的に研究され、ことごとく前進を阻まれました。逆に彼らの泥臭い攻撃に押し込まれ、結局1点も取ることができないままあっけなく敗退しました。
 そして、このゲームでつくづく思い知らされたことがあります。ラグビーではレフリーを味方につけないと、思わぬ痛い目に遭うということです。私は選手たちとのコミュニケーションを大事にするあまり、他チームの監督やレフリーからは一線を画す立場でいました。それに対してO高校の監督は、自身がレフリーの資格を持っているということもあって、その辺をうまくやっていました。
 不本意な反則を取られたり、ラフプレーで退場させられたり、しかも明らかなミスジャッジがあったりと、スリーアローズのチャンスはことごとくレフリーの笛に止められてしまいました。
 つまりは、簡単に勝てる試合などなかったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。