スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーアローズ・ストーリー 61

 翌日、パソコンの得意なラグビー部の部長の先生に(この方もまた、すばらしい先生でした)、それぞれのメッセージをまとめていただき、さっそく選手たちに配布しました。I君とS君は、私と同じく、うっすらと涙さえ流していました。他の3年生も神妙な面持ちで、それでいて、どこか照れくさそうにチームメイトからの言葉に目を通していました。
 この企画の発案者であるカズにもメッセージが贈られました。そこには選手たちからカズへの、飾らない、それでいて心のこもった言葉が綴られていました。
「カズさんのおかげで、花園出場という夢が、夢でなくなりました」と記したのは、花形選手のヒロでした。
「きっとこのチームは花園に行くよ」とカズはその日のメールで返信してきました。「キャプテンが誰であろうと、スタンド・オフが誰であろうと、スリーアローズはチームワークで勝つと思う。想定外のこともいろいろと起こったけど、そんな時のことも見越して年間目標を立てといたんだ。つまり、最後はチームの総合力が整備されるようになっていた。その成果が結果として現れると思う」
 珍しくカズも興奮気味だということが文面から伝わってきました。
「俺たちの高校時代に一番欠けていたチームワークを、こんな形で高めることができたっていうのも、何か縁を感じるね。お前との友情に感謝するよ!」と結ばれていました。
 全国大会予選は2回戦からの登場でしたが、その初戦は「ずらスキル」と「パススキル」それに自由自在のランニングプレーで、121対0で勝利を収めました。
「予定以上だね」とカズは試合後、電話で感想を述べました。
 続く3回戦は相手の重量フォワードに苦戦を強いられる場面もありましたが、64対0で、完封勝利を遂げました。
 次はいよいよ準決勝、H商工との対戦でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。