スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーアローズ・ストーリー 64

 カズの話を聞いた途端、選手たちの表情からは、硬さが取れたように感じられました。
 ヘッドフォンをしていたS君は慌ててそれを外し、隣にいたI君に「どうした? 今、カズさん、なんて言ったの?」と聞きました。
 するとI君は、「自分に酔うなって言われたぞ」と返しました。ややナルシスティックな所のあるS君は、カズの方を見て、へへへと変な笑いを向けました。
 S君のお母さんは、彼は昨夜はほとんど眠れなかったのだと私に言いました。するとヒロのお母さんも、じつはうちもそうだったと同調してきました。
「もし負けたら、最後になってしまうということが、どうしても信じられなかったみたい」とS君のお母さんは続けました。
 その言葉に、私もはっとさせられました。
 ひょっとして今日ですべてが終わりになるかもしれない・・・
 もちろん来年以降もチームは続くわけですが、私の着任と一緒にこの学校に入学してきた3年生たちには、特別な思い入れがありました。彼らは1年生の時から試合に出続け、練習を休みがちだった先輩たちに代わってチームを牽引してきた。これまで彼らと苦楽をともにし、長い時間を一緒に過ごしてきた。
 スリーアローズはもはや、私の一部になっていることは疑うことができないが、たしかにS君のお母さんの言うとおり、万が一、今から行われ試合で負けてしまえば、彼らと一緒にラグビーをすることはなくなってしまう、永遠に・・・
 すると、その時、私の目には入念にストレッチをするM君の姿が入ってきました。彼だけは全く動揺を見せず、いつもと同じ様子で、目の前のゲームに集中しているふうでした。
 彼の姿を見た時、私もいつもと同じような心持ちを取り戻したような気がしました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。