スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーアローズ・ストーリー 76

 敵陣に入ったところで相手がミスを犯し、スクラムのチャンスが訪れたのです。
 選手たちは皆で互いに目配せし、頷き合いました。彼らは意思統一されていたのです。まさに今が、サインプレーを出すそのタイミングだと。ここでトライを取って、試合の流れを完全に呼び寄せる、そうして、最後は、スリーアローズが逆転勝利を挙げる・・・
 チャンスの到来に観客は大声援を送っていましたが、選手たちは冷静でした。
 スクラムは、やはり体格に勝る相手の方に分がありましたが、最前列のI君たちは背筋を弓のように逸らして何とか持ちこたえ、スタンド・オフのM君にボールが渡りました。必殺のサインプレーは、FWが身体を張ってキープしたボールを外に大きく展開することから始まります。相手のプレッシャーがあるために、正確なパススキルが要求されるところです。
 一番外側のウイングというポジションのヤスがスピードを持ってボールをキャッチした瞬間、私は、デジャブの感覚に襲われました。夢にまで見たこの瞬間。学校のグラウンドで何度も練習しながら、H商工相手に本当に決まるのかどうか、じつは半信半疑でもありました。しかし、物事は思った方向に進むということを普段から信じようとしている私は、大一番のゲームで成功する場面を繰り返し想像していたのです。
 さて、仲間が丁寧にパスをつないだボールを胸に抱いて突進したヤスでしたが、相手のカバーディフェンスに捕まってしまいました。しかし、これはばっちり想定されていました。こんなに単純にトライが取れるとは誰も思っていません。つまり、ここからがスリーアローズの真骨頂でした。
 まず、ヤスが捕まることを待っていたヒロとS君がすぐにサポートに入りました。身体の細いヤスでしたが、これにより安定してボールを味方に差し出しました。
 H商工のディフェンスは、その手際の良さについてきていませんでした。恐ろしいくらいに、予想通りの光景でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。