スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーアローズ・ストーリー 82

 現在私は、高校教師を退き、イベント関係の仕事をしています。地元で開催されるこぢんまりとしたお祭りのようなものから、世界中から参加者が集まる規模のものまで、様々なイベントを実行するために、計画を立てたり、関係者と調整したりしています。
 この仕事が自分に向いていないとは思いません。これまで出会うことのなかった人と一緒に仕事をする中でたくさんの刺激を受けるし、教師だった頃は仕事によって「社会」というものをある程度つかんだつもりでいましたが、世界にはまだまだ自分の知らないことがあるのだという当たり前の事実を、肌で感じることもできます。
 たとえば、日本のプロ野球でキャリアを積んだ選手がメジャーリーグに挑戦するのにも、自らの世界をもっと広げたいという欲望が当然あると思います。私も新たな仕事に挑戦することを悪しとは思っていません。
 ただ、大人相手の仕事をしていると、どうしても高校生たちとの時間がなつかしくなることがあります。職場のデスクの引き出しには、彼らとの写真が忍ばせてありますが、仕事の合間に、ふとそれに目をやる自分がいます。そうして私は安心するのです。自分はたしかに彼らとの時間を過ごしてきたのだと・・・
 人生とは、そのようにして「振り返る」ものなのではないか、と最近思ったりもします。
 さて、H商工との戦いに敗れた後、3年生たちはそれぞれの道に羽ばたいていきました。M君とS君に続き、熱血ファイターのI君も東京の私大に推薦入試で合格しました。
 何よりうれしかったのは、センター試験に挑戦した5人が、最後の最後まで粘り強く取り組み、しっかりと結果を残したことです。彼らは全員高得点を収め、第1希望の国公立大学への合格を果たしました。「最後まで部活を続けた方が進学実績も上がる」という私の持論を、彼らが実証した形となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。