スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーアローズ・ストーリー 最終回

 その3年生たちが巣立っていった翌年、予期せぬことが2つ起こりました。
 1つめは、新1年生が15人も入部したことでした。H商工に敗戦した直後、ある保護者が「スリーアローズが3年以内に花園に行くことを確信したよ」と興奮して話してくださいましたが、この新入部員と対面した時、私は本当に武者震いが起こりました。
 しかし、もう1つ、予期せぬことが起こりました。H商工の監督がスリーアローズに赴任してきたのです。ハーフタイムの時に「あいつらを殺してまでもトライを取れ」と檄を飛ばした、あの監督です。
 私は、その大監督と肩を並べて部の指導をしました。そうして、1年後、校長室に呼ばれ、転勤が言い渡されました。新たな赴任先は、ラグビー部のない高校でした。
 カズは最後まで納得がいかないようで、電話口で何度も私を励ましてくれました。しかし、私個人の力ではどうすることもできないことだし、何より、私はもう十分に満足していました。最後の試合の後、冬空を見上げながらカズが口走った言葉。
「いい夢を見させてもらったよ」
 あれは私の想いでもありました。
 ところで、現在カズは、チームのヘッドコーチを務めるまでになっています。テレビで彼の活躍を見るにつけ、本当にすばらしい指導をいただいたものだと、改めて感激します。
 今年の春先には、スリーアローズのメンバーの中で、いち早くS君が結婚式を挙げました。彼は今東京でシステムエンジニアをしていますが、奥様は高校の同級生で、地元のホテルでとり行われた式は大いに盛り上がりました。
 スリーアローズの選手たちは、もうラグビーをしていません。しかし彼らは、頼もしい社会人として、しっかりと自らの人生を切り拓いているようでした。  (了)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。