スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と体

 なんだか、ちょっとエロティックなタイトルを付けてしまいましたが、残念ながらそっちの話じゃなく、あくまでフィジカルなことです。
 というのも、今日は久しぶりに10㎞ばかりランニングをしてみたところ、予想以上にしんどく、走りながらいろいろなことを考えたのです。
 好きで走っているわけですから、心の中では良いタイムを出したいと思っているのですが、いつもやっている5㎞のランニングなら、走りながらいろんな計算ができる。たとえば最初の3㎞は体力を温存しておいて、ラストの1㎞でスパートをかける、そうやって逆算すると、4㎞~5㎞の1㎞をどう走るかが重要になってくる、などというストーリーを浮かべながら走るわけです。
 もし目標タイムが達成できなかった時には、どこに問題があったのかをよくよく振り返って、次に走る時のモチベーションにつなげる。私にとっての走ることの楽しみは、そんな「自己との対話」ができるところなのです。
 ところが、10㎞も走るとなると、普段走り慣れていない分、そういう計算ができなくなります。今日は最初の2㎞でいきなりデッドポイントが来てしまい、ただ歯を食いしばるばかりでした。あまりにもきつくて、半ば絶望的な気分にさえなりました。
 ふと思ったのですが、いくら頑張ろうと自分にムチを打とうとしても、「今日はいつもの倍の距離を走るのだ」という情報が体にインプットされていて、思い通りにはいかない。つまり、「なんとか走りきってやろう」という根性は、体によって拒絶されてしまう。その証拠に、ゴールが近づいた途端、急に足が軽くなり、呼吸も整ったりします。
 じつは、私たちの「考え」や「思い」は、体によって支配されているのではないだろうか? そんなことを延々と浮かべながらとにかく足を前に出していると、やっとゴールが近づいてきました。時計を見ると約60分。しんどかったです・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。