スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰にでも手に入る贅沢

 物心ついた時から、大のチョコレートファンでした。小学生の頃、わずかな小遣いを握って駄菓子屋に行くと、真っ先に10円のチロルチョコを手にしたのを思い出します。その後中学生になって、ロッテ「VIPチョコ」が登場し、あまりの美味しさに衝撃を受けましたが、200円という価格になかなか手が出なかったのをよく覚えています。
 以前ロンドンに行った時に、現地の友人が「チョコレートと言えばベルギーあたりが有名だが、イギリスのチョコこそ最高にうまいからぜひ食べてみてくれ」と、おすすめの逸品を一粒くれました。当時はまだ、高濃度カカオのチョコレートが日本に出回っていなくて、私には苦くて粉っぽい印象でしたが、それでも熱く語るだけのことはあってなかなか深みのある味わいでした。
 そのチョコレートが1粒約300円もすることにびっくりでしたが、「GODIVA」をはじめ、海外のチョコレートは高額ですよね~
 ただ、だからといって、近所のコンビニに並べてある日本のチョコレートが、それらに比べて劣っているとは思えません。仕事中、一息つきたい時、板チョコをかじるのですが、そのクオリティの高さにつくづく感心させられます。1箱約100円という価格を考えれば、すごいことだと思うのですが、いかがでしょう?
 一般論からすると、高価なモノはいいに決まっています。しかし、逆に安いものが劣っているとは思えない。価格は、商品の価値以外にも様々な要素が絡んできます。つまり、「いいモノが高いとは限らない」と思うのです。
 増税の昨今、財布の紐が固くなっているところではありますが、「白いダース」を口に入れながら一粒の幸福を享受しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。