スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年目のレクイエム

 今日は1月17日。阪神淡路大震災からちょうど20年です。
 あれから20年・・・
 あの時私は大学の学食で友達と昼食をとっていました。他の学生がテレビの前に群がっているので何かと思ったら、画面には壊れた建物や高速道路の高架が映し出されているではありませんか。まるで、『ゴジラ』のワンシーンのような風景に、これが現実に起こったことなのかと、背筋が震えたのを覚えています。
 一緒にいた友達の中に明石出身の人がいて、彼はすぐに実家に電話したけどつながらなくて、慌てて帰省していきました。何もかもが非現実の出来事のようで、テレビには連日被害状況が放送され、CMも自粛ムード、日本全国が悲しみに暮れていました。
 その後、東日本大震災が発生し、阪神淡路大震災も少しずつ過去へと流れていこうとしています。それがいいことなのかよくないことなのか、私には分かりません・・・
 おととし、被災地である須磨・明石を訪れましたが、町はほぼきれいに整備され、ありふれた日常の光景がそこにはありました。ただ、関西学院大学のアンケートによると、震災で亡くなった親族のことを「たまらなく恋しい」と答えた人がきわめて多く、実際に震災を体験された方にとっては、未だ傷跡が癒えていないということがうかがえます。
 そうして、あれから20年。
 時の流れを思う時、とても切なくなることがあります。
 1日は長く感じられるのに、どうして20年がこんなに短く思えるのでしょう?
 年齢を重ねるということは、時の切なさを知り、人生のはかなさを痛感することに他なりません。震災の犠牲になられた方を悼みつつ、私たちはその方たちの魂を胸に、自分の人生を精一杯生きる使命があるのだと、つくづく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。