スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなでランチをする喜び

 たとえば3人でドライブに行くとします。ランチの時間になり、助手席に乗っている人がスパゲッティを食べたいと言い、後ろの座席の人はラーメンを食べたいと言う。
 さて、ハンドルを握っているあなたはどうするか?
 最も無難なやり方は、両方の意見を聞き入れた上で、最終的にはスパゲッティかラーメンのどちらかを食べに行くという方向に落ち着けることでしょう。我慢する人が出るのは仕方ないとして、大きな批判を受けることもないはずです。
 私もそういうやり方を採ってきました。たとえば、高校の文化祭のバザーで、モザイクアートを作るか写真展をするか生徒同士の意見が割れたとき、話し合いによって自然な妥協点にたどり着くことをまず目指したものです。
 ところが最近、何かを決定しなければならない状況に数多く直面する中で、そういうやり方に何となく物足りなさを感じるようになりました。他人と口論になりたくない、批判されたくない、そういう心理が働くあまり、他人任せになって、何の変哲もない無難な結論に達することが多くなり、しかも、そうやって決まったことには、意外にも不十分な点があったりもするのです。
 現時点の私なら、スパゲッティにするかラーメンにするか割れた時に、あえてカレーを食べに行くことを提案するかもしれません。もちろん、2人の意見に耳を傾けないというわけではないのです。彼らのニーズを踏まえた上で、あえてカレーを食べに行くのです。
 なぜなら、そのカレーがとびっきり美味しいということを私は知っているからです。事前に下調べをし、評価も高いという裏もとってあります。何より私自身がそのカレーのファンなのです。
 もしかすると、美味しくないと言われるかもしれない。味覚とは千差万別です。しかし、その批判を恐れていては、大きな発見の喜びを皆で共有することもないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。