スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めるのに遅すぎることなんてない!

 大学時代、一般教養の講座でスポーツ関係の授業をとっていたことがあります。その中で、担当教官が、「スポーツと運動はどう違うか?」という問を私たちに投げかけました。
 すると、ある学生が「スポーツは見学してもおもしろいが、運動は見学するとおもしろくない」と答えました。私にとっては意表を突く名答でした。
 私は大学までラグビーの選手として活動しましたが、就職した後はぱたりとやめました。クラブチームから誘いを受けることがあっても、すべてお断りしました。当時まだ20代で、その気になれば十分にプレーできたでしょうが、私の中ではラグビーは自分がするものではなく、観戦するものなのだというふうにシフトしたのだと思っています。
 その後は、スポーツの指導の世界に入ってゆき、自分がプレーすることからは遠ざかっていました。それが、前の職場に赴任した時、職員の方々のスポーツ熱がとても高く、駅伝大会に誘われました。走ることとなると、中学以来のことだったのでかなり不安でしたが、実際に走ってみると、過去にスポーツをやっていた人間にとっては、本能が呼び覚まされるというか、思いの外、本気になっていました。
 さて、今日は、地元で駅伝大会が行われ、朝から応援に駆けつけてみたのですが、知り合いのチームに引きずり込まれ、そのまま補助員として荷物を運んだり、ゼッケンを張ったりと、けっこう働いてしまいました。
 それより、参加チームの多さとその熱気にびっくりしました、市役所の駐車場が選手でいっぱいになっていたのです。中には、高齢の方や主婦の方もいて、皆さんランニングウエアがなかなかサマになっていました。
 ひょっとして、これからは、スポーツは観戦するものではなく、いくつになっても、自分でプレーする時代がくるのではないか、と会場を見渡しながらそう思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。