スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の香り

 ウイスキーを飲むのがとにかく楽しみな時代がありました。
 今から15年ほど前のことです。仲が良かった同僚と、仕事が終わって2人で街に繰り出してはショットバーに足を運び、彼がパチンコで大勝した時にはバーでは飲めないような上質なウイスキーを買って、私の部屋で品評会をしたものです。
 現在NHKで「マッサン」が放送されているようですが、私もニッカのウイスキーのファンでした。学生時代にバーで働いていたためにいろんなウイスキーを飲む機会に恵まれ、当時はマッカランやグレンリベットなどの本格スコッチウイスキーが人気でしたが、私の口には日本のウイスキーの方がしっくりくるようでした。
 友達を訪ねて仙台に行った時には、作並温泉郷にあるニッカの蒸留所まで足を伸ばし、実際にウイスキーができる過程を見学しました。神聖さ漂う森の中、ピートを燃やす匂いや貯蔵庫の樽の匂いがほのかに感じられました。できたばかりの原酒には、新鮮で華やかな香りが閉じ込められていました。
 心がこもっている、と言ってしまえば簡単ですが、その時飲んだウイスキーはとても丹念に作り込まれた感じが伝わってきました。ウイスキーとは嗜好品なわけですが、だからこそ作り手はいっさい妥協しないというおもてなしの精神が詰まっているようでした。
 それって、とても日本的な感覚だと思います。
 そういえば、先日飛行機を使った時、機内誌にサントリー「響」の特集が組んであって、思わず購入してしまったのですが、さすがに受賞ウイスキーだけあって洗練された味わいでした。ニッカのウイスキーとはまた違った奥深さが感じられました。
 何かと世知辛い世の中ではありますが、仕事を終えて、ゆっくりとウイスキーを飲む時間も、たまには必要なのかもしれません。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。