スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレー、フレー、大学生

 昨日は午後から大学に行きました。
 新たに大学院を設置するにあたってのプレゼンテーションとシンポジウムが行われ、会場となった大学会館には、文科省職員や大学関係者、それから現役の大学生など150名以上が集まっていました。
 大学を卒業して15年以上経っているわけですが、私の場合、どうしても学生に目が行ってしまいます。彼らは普段着慣れないスーツを身にまとい、それなりにきちっとしているようでしたが、役人の難しい話や大学のビジネスライクな話に、まもなく素の姿が出てしまい、ぐったりして椅子にもたれかかり、多くが眠りについていました。
 国立大学は国力を示す重要な機関だと言われますが、その学生がこんなにていたらくでいいのか! と思わず叱責してしまいたくなりましたが、自分の学生時代を思い起すと、人のことは言えないな、とすぐに考え直すわけです。
 高校では勉強と部活に全精力を捧げ、その勢いで大学でもしっかり学んでやるぞと意気込んでいたのは最初の1カ月までで、授業をサボってもそんなに問題にはならないという事実に気づいた瞬間、想像をはるかに超えた自由な生活にすっかり身をゆだねていました。
 欠席・遅刻にも罪悪感はなく、授業に出たら出たで缶ジュースを机の上に置き、寝たい時に寝ていました。机の上に突っ伏して寝ることもたびたびでした。あの時の教授は、きっと面白くなかっただろうなと、今になって忖度したりもします。
 振り返るに、私の大学時代はとても幸せでした。奨学金と親の仕送りを頼りに、社会の厳しさに追い詰められることもなく、それでいて誇り高くいられた時代。
 そう考えると、今の大学生の方がよっぽど難しい世の中を生きているのかもしれません。やがて荒波にさらされる彼らですから、せめて今のうちは、学びたいことを自由に学んでおいてほしい、そう思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。