スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キセキは奇跡じゃない?

 毎年この時期になると、「春はもうすぐそこ!」といろいろな所で言ってきたように思います。最近は車を使っての出張が多くラジオをよく聞くのですが、パーソナリティの口からもそんな励ましの言葉が出てくるようです。つまりは、今はそういう時期なのです。
 さて、春の到来を間近に告げるニュース!
 花粉が飛び始めました!
 あなたの町はいかがでしょう? マスクをした人が増えていませんか?
 私は大学生の頃に花粉症デビューしました。発症した当初は、不快感の原因が全くつかめず、鼻と目をこすりまくっていたのでとんでもないことになっていましたが、症状を自覚した時からマスクや薬で対処するようになりました。
 当時の薬ときたら不快感を鎮める代わりに強烈な虚脱感が襲ってきて、すぐに眠くなるような代物でした。あの頃からするとずいぶんと薬が及ぼすダメージも軽減されたようです。科学の進歩ですね。
 私の場合、花粉症の症状自体が楽になってきたように思うのですが、仲の良い耳鼻科医に言わせると、「それは薬が進化したからで花粉症を克服したわけではない」ということらしいです。いや、薬を使わなくても不快感を覚えなくなったのだと訴えたところで、まともに聞いてもらえません。もしそういうラッキーな患者がいるとしても数万人に1人の割合だと。
 診察室に入っている間は、医師の言うことに納得してしまうのですが、こうして外に出て活動していると、もしかしたら自分は「数万人に1人」のラッキーな患者なのではないかと本気で考えたりもします。
 たしかにそれは確率的には低いかもしれないけど、人間としてこの世に生を受けたことに比べると、十分に起こりうることのようにも思うのですが、いかがでしょう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。