スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

 今日は高校の卒業式でした。
 去年まで私が担当していたクラスの生徒が卒業するということで、来客として参加しました。体育館の外には、降りしきる雨。久々に会う生徒たちは、厳かに入場してきました。
 彼らは私の宝物でした。
 ラグビー部の監督を辞め、逃げるように赴任したこの鄙びた高校で、彼らからたくさんの元気をもらいました。大半の生徒が高校入試に失敗し、二次募集で入学してきたにもかかわらず、彼らは精一杯の学校生活を送りました。
 1年生の時、文化祭の合唱コンクールで優勝し、たまたま客席にいらした病院の院長先生の目にとまり、全員で病院のクリスマスパーティーに招待され、お年寄りの方々の前で演奏させてもらったこともありました。2年生の時には東京に修学旅行に行き、大田区の町工場を見学し、メイド・イン・ジャパンの神髄を目の当たりにしました。
 これこそが自分が理想としてきたクラスなんだと、何度も実感させてもらいました。
 それが、突然の転勤。事情があって教師の仕事を退くことになり、離任式の日、彼らは私のために涙を流してくれました。この1年、彼らのことを忘れたことはありません。職場の机の引き出しには彼らとの写真を忍ばせ、つらい時にはそっと見ていました。
 今日はすばらしい卒業式でした。答辞を読んだ生徒も、涙を流しました。彼女はその中で私との想い出を暗に話題にしてくれ、過ぎ去ったはずの学校生活を密かに共有しました。
 しかし、彼らには、当然別の担任がつき、今日の卒業式の主役は、やはりその先生でした。結局彼らの教室に入ることなく、降りしきる雨の中、静かに学校を去りました。
 今、私は胸の詰まるような思いで、彼らとの日々を振り返っています。今日は彼らの卒業式であると同時に、私自身の卒業式でもありました・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。