スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主よ、人の望みの喜びよ・・・

「悪いこと」って、どういうわけか重なりますよね。
 たとえば、車をぶつけて修理したら、今度は追突されて、その修理が終わって間もなくしてスピード違反で罰金を取られてしまうとか。
 あるいは、連日の仕事で疲労がたまってなかなか頭が働かない時に限って、神経を使わなければならない仕事が舞い降りてくる、そうしてどうにかそれを乗り切ったと安心していたら、今度は熱が出て寝込んでしまう。
 まさに「泣き面に蜂」です。
 それと比べると、「良いこと」というのはなかなか続かないような気がします。仕事がうまくいって、その後に、長年想っていた人から告白され、さらに宝くじが当たる・・・
 もちろん、それはかなり大げさなことですが、いずれにせよ、「良いこと」とは「悪いこと」の合間を縫って、ぽつぽつと現れるものなのかなと思ったりもします。
 さて、今日も講演会に呼んでいただきました。会場は高校内に作られたチャペルで、私の話の前に生徒たちはミサを行っていました。すごいなと思ったのは、司会進行はすべて生徒によって行われ、これまた生徒によるバイオリンとピアノの伴奏に乗って200名の生徒が賛美歌を歌うわけです。
 それが終わった後、聖書の朗読が行われました。今日は「お金持ちだからと言って幸せとは限らない」という趣旨のくだりでした。
 お金はあるにこしたことはない。でも、そんな価値観とは別に、たまに起こる「良いこと」に喜びを感じる瞬間の幸せをふと思いました。幸せとは、ほんの些細な喜びなのかもしれません。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。