スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中を動かす人 その2

 高校時代の丸ちゃんはテニス部に入っていましたが、インターハイ目指して球を打ちまくるというタイプではありませんでした。なので、彼がユニフォームを着た女子中学生の真ん中に座って檄を飛ばすという光景は、私にとってはかなりの驚きでした。
 ただ、中学教師としての丸ちゃんの評判は、高校教師だった私の耳にも入っていました。授業が分かりやすく、部活の指導も徹底的にやる、生徒思いの熱血先生。その噂を聞いた時、サザンオールスターズのCD集めに夢中だった高校時代の彼が懐かしく思い起こされたわけですが、実際に中学生を指導している姿を見ると、評判通りだと納得しました。
 その日丸ちゃんは会場で私を見つけ、偶然の再会を喜んだ後、いろいろな話をしてくれました。教育観、卓球への思い。競技経験のない彼が何年間もかけて作り上げた分厚い卓球ノートも見せてくれました。事実、彼の指導する中学生は、みんな華奢なのに、相当強いのです。少なくとも、私が顧問を務める高校生とは比べ物にならないレベルでした。
 それからというもの、丸ちゃんは、私の「師匠」になりました。私たちは中学生、高校生という垣根を越えて、定期的に合同練習会を開き、卓球を研究し合うようになりました。高校時代に2人で意識し合って勉強をした時の感覚が、戻ってきました。
 自分の信じた道を貫く、教師として生徒に情熱を傾ける、丸ちゃんからはそんな当たり前の、それでいて、とても大切なことを学ばせてもらいました。
 しかし、去年の春、私が教職から離れると、再び丸ちゃんと会えなくなりました。
「俺は管理職には向いてないよ」と丸ちゃんは言ったことがあります。「すべての経験が生徒たちの教育ツールになって、将来に役立てばそれでいい」
 久々の電話を切った後、丸ちゃんのような人こそが実際に世の中を動かしているのだとつくづく思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。