スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中を動かす人 その4

 太郎先生は、他の高校の校長でありながら、私たちのチームを応援してくれているように見えました。試合に勝った時には拍手をし、負けた時にはねぎらってくれました。
 選手たちがグラウンドを引き揚げる時にも、よく声をかけてくれたものです。「いい試合だった、次もがんばれよ」みたいなとてもシンプルな言葉でしたが、戦いを終えたばかりの選手の心には、そういう言葉こそが意外と届くものなのです。
 さて、その後、私の転勤と同時に、太郎先生とお会いすることはなくなってしまったのですが、先生が教育委員会の要職を経験した後、地元の公立大学の教官になられたことは新聞で知っていました。大学のホームページで見る太郎先生の顔はきりりと引き締まっていて、宴会の席で顔を赤らめて私のネクタイを締め上げる太郎先生を思い出すと、なんだかおかしくなってきました。
 去年、太郎先生は学長に就任されました。そして、この1年の間に、立て続けに独自の事業を実現されました。新学部の設置、国の事業への参入、様々な地域貢献・・・
 地元の新聞やテレビでも太郎学長が取り上げられることが増えました。
 先日、仕事で大学に行くことがあり、思い切って学長室を訪ねてみることにしました。机について仕事をしていた太郎学長は、私の姿を見て「あら」とうれしそうに言い、立ち上がって出迎えてくださいました。
 広々とした学長室のソファに腰をかけながら「よく来てくれた、相変わらず元気そうだね」と声をかけてくださいました。偉くなられた先生を前にして、言葉が見つからないでいると「俺がただのおじさんだということは、あなたが一番よく知ってるだろう」と言ってくださいました。それから私たちはラグビーの思い出話をしました。太郎先生は、以前と何ら変わっていませんでした。なんだかうれしくて、胸が詰まりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。