スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の旅 その1

 最近、心がムズムズします。久々に外国に出たいという思いが心を動かします。
 まだ定職に就いていない頃は、いくつかの国に足を運んだものですが、就職して、年々仕事の量と責任が増すにつれて、足が遠ざかっているのが現状です。
 一番最近(といっても10年以上も前のことですが)に行ったのは、韓国でした。あの時は高校のフィールドホッケー部の顧問をしていて、生徒がアジア遠征メンバーに選ばれて、その引率をしました。1週間におよぶ滞在で、ソウルの市内を巡って刺激を受けたのですが、きっと現在の町並みはずいぶんと様変わりしているのでしょう。
 今は中国も気になります。
 数年前までは、この国に行きたいとは思いませんでした。上海に勤務されているお隣さんの息子がよく現地の治安の話をしてくれて、それを聞くとおっかなくてとても1人では行けないなと思うほどの、近くて遠い国でした。
 しかし、今となっては、もはやこの国は無視できなくなっています。町の様子や人々がどのように暮らしているのか、興味があります。きっと、報道されている情報とは比べものにならないほどの迫力に満ちているのでしょう。
 
月日は百代の過客にして、行かふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず・・・

 松尾芭蕉の『おくのほそ道』の冒頭です。時間そのものが旅人なのだ、私もいつしか旅に出たいという思いにとらわれてきた、と言っています。旅とは人間の本能かもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。