スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旬な話

 今朝は快晴! 梅雨入りを間近に控えているとは思えないほどの青空でした。
 ここのところ寝坊気味で、しかもぐずついた空模様だったので、朝はゆとりがなかったのですが、今日ばかりは目覚めが良く、それで数日ぶりに裏庭の菜園に足を運びました。
 予想していた以上に、降り続いた雨で彼らはぐんと大きくなり、葉の緑も青々としていました。中でも水分が大好きなトマトは、水滴を湛えながら、空に向かって両手を広げているかのようにのびのびと葉を広げていました。
 奥の畝にはオクラとパプリカ、それからキュウリを植えています。それらを覗き込んだとき、キュウリの葉が何やら重そうにしていることに気づきました。よく見ると、その中の2つの苗にどっしりとした実がついているではありませんか!
 苗を植えて3週間で実がなったことはこれまでなかったし、なにより、こんなにも立派な実がついていることに驚きました。
 土を払い落として、かじってみると、まずあふれんばかりの水分がはじけ、その後でキュウリ独特の香りが強烈に広がってきました。
 夏野菜の寿命はせいぜい3~4ヶ月です。そう考えると、この3週間はキュウリにとっては長い時間になるのでしょう。その輝く実を見るにつけ、大地の神秘を感じます。彼らは実をつけることによって種を作り出し、生命をつないでいくわけですが、平均寿命が80年近い人間にとっても、同じようなことが言えるはずです。
 私たちはどこかで実を付けて、人生を成熟させていく。
 そういえば、津軽のリンゴで一番甘いのは、台風でも落ちることなく最後まで堪え忍んだものだという話を聞いたことがあります。
 私たちの人生という果実も、経験を重ねれば重ねるほど、大きく甘くなるのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。