スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渚のシルエット 6

「今日、参加するかどうかずいぶんと迷ったけど、やっぱり来てよかったなあ」
 車に乗り、再びシートベルトを締めながら彼女はそう言った。そろそろ、彼女の乗る電車の時間が近づいている。田舎のローカル線は1時間に1本しかない。
「俺も楽しかったよ。っていうか、ヘンな感じだったな。次に会う時には、もっと年を取っているかと思うと、ぞっとするような、楽しみなような・・・」
「人生って、そう考えると、あっという間よね」
 彼女はしみじみとつぶやいた。その時、僕は不思議なことに気付いた。彼女の顔には、中学時代の顔と現在の顔が半分ずつ同居していたのだ。
「でも、やっぱり、ふるさとでの思い出って、すごく大事だって、今日よく分かったわ」
 彼女はそう言い、氷が溶けてすっかり薄まったアイスコーヒーに口を付けた。その瞬間、彼女のヘアリンスの香りが立ち込め、その後で、潮の匂いがした。
 僕はハンドルを握りながら、心がかきまぜられているようだった。
 5年前に起業した会社が軌道に乗り始め、充実した生活を送っている。たぶん、これまでの半生の中で、最も多忙で、最も自信に満ちた日々を送っているつもりだ。
 でも、今日、25年ぶりに中学時代の、自分の中ではすっかり封印していたはずの時代を一緒に過ごしたクラスメイトたちと再会した途端、瞬間を無我夢中で生きてきたように感じていた人生も、じつは、水あめのように長くつながっていることに気づかされた。
「ところでさ」と僕は言い、助手席の彼女を見た。
 すると、そこには彼女はいなかった。僕は思わず、声にならない声を上げた。
 たしかに彼女はいない。カップホルダーのアイスコーヒーもどこかに消えている。
 僕は自分のアイスコーヒーに口をつけた。少しだけ開いた窓から、渚の香りがほのかに入り込んできた。(了)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。