スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうの自分

 今の私の仕事は、「つくる」ことです。
 たとえばイベントボランティアの研修会をつくる。まずは温めたアイデアを文書にしてプリントアウトし、室内で協議する。それが出来上がったら、アイデア通りに計画を進め、参加者に案内状を出し、会場の調整をし、偉い人が来れば誘導計画を作り、そうして、運営スタッフと打合せをしたのち、当日を迎えるわけです。
 1枚のアイデアが数百人規模の研修会として形になった時には、奇妙な感じがします。夢が現実になったような気がします。
 私たちのオフィスでは、自分の仕事は自分1人でやることになっています。
 1人でやるわけですから、当然ミスが起こります。資料の日付や曜日を間違えたり、誤字脱字があったり。最悪の場合、上司を含めたスタッフと協議をするときになって初めてそのミスに気付くということもあります。
 そんなわけで、大事な資料を作るときには、かなり前から取りかかるようになりました。というのも、数日経った後で、自分が作った資料を見ると、面白いほどよくミスに気づくのです。どうしてこんな簡単なところを間違えるのだろうと、まるで自分が作った文書とは思えないような気分になります。
 数日前の自分の姿が、後になってよく見えてくる。
 これは、人生そのものについても言えることかもしれません。
 私たちは、今という瞬間を精一杯生きている。おそらく、知らず知らずのうちにミスもしているはずです。その時は無我夢中で気づかないが、後で振り返ってみると、その時の自分の姿がよく見える。
 ほんとうの人生とは、今の自分の少し後につくられてゆくものなのかもしれません。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。