スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀のシホン

 自分の仕事のサイズをふとした時に感じることがありますが、たとえば、大きな金額を目の当たりにした時は特に実感させられます。
 特に現場担当として動き回っている私は、お金を動かすことがよくあります。
 昨日は、イベントで使う物品の払い込みを銀行でしました。会計担当者から預かった通帳を使って、5万円程度を別口座に振り込んだわけですが、その通帳の残高は2億円を超えていました。思わず、通帳を持つ手に緊張が走りました。
 もっとも、常日頃からこのくらいの額を動かしているビジネスマンは五万といるでしょうから、私もそのうち馴れていくのでしょうが、それよりも、生まれて初めてこんな通帳を手にして、いろんなことを考えました。
 まず、世の中には実際にこれくらいの資産をもつ人はけっこういるんだろうなと想像しました。そんな人は、マンションも車もためらわずに手に入れることが出来るんだろうと。
 資産家には、勝てない。今流行の、ピケティの理論ですね。
 それから、これが自分のお金ならば、さぞかし人生が楽になるだろうとも思いました。
 大学を卒業して就職浪人をしている時、知人の誘いで、とあるビジネスセミナーに参加したことがあります。あの時、講師は「経済的な豊かさは精神的な豊かさにつながる」と何度も語っていて、その言葉は今でも心に残っています。あれから人生経験を重ねた今、その言葉は決して間違ってはいないと思います。
 しかし、この高額の通帳を手にして、もしこれがすべて自分のものだったらどうかと想像した時、思ったほど心はときめきませんでした。
 人生が「楽」になるのは間違いないですが、人生が「楽しく」なるのは、また別の次元の話のような気がしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。