スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想論

 たとえば、どうしようもなくつらい失恋を経験したとします。胸がつぶれてしまって、食事も喉を通らず、まもとに息をするのも難しいほどの失恋です。
 もう、すべて忘れてしまいたい、あの人のことも、これまであの人を思い続けた輝かしい過去の想い出も、きれいに精算してしまいたい。・・・とはいえ、それもつらい。この恋を忘れることは、これまでの自分をすべて否定してしまうことになりそうで、こわい。
 経験を重ねるごとに人が強くなるのは間違いのないことですが、失恋ばかりはそうはいきません。本気の恋に落ちた人が経験する失恋は、何度経験しても、むしろ、経験すればするほどに苦しくなってくるようでもあります。
 そんな時、どうすればいいか?
 目の前にあることに、ただひたすら全力を傾ける。誰でも、「すべきこと」があるはずです。勉強であったり、仕事であったり。たとえそれが、現在の自分にとって心を燃やすようなものでなくても、そこに全てを集中してみる。失恋の相手が近くにいる場合は、その人の方をなるべく見ないようにする。
 なんだか、ただの荒療治にしか聞こえないかもしれませんが、私が言いたいのは、人間の頭の中に入るものは1つだけだということです。どんな大きな悩みでも、2つ同時に頭の中で処理することはできません。だとすれば、失恋という液体で満たされた頭の中に、他のものを入れてやることなのです。
 おそらく、ひどく辛抱と時間がかかることでしょう。しかし、本当にそれをやり遂げたなら、あなたはきっと、勉強であろうと仕事であろうと、新しい「何か」を手に入れているはずです。失恋を機に、「新しい自分」にステップアップするのです。
 時は必ず移り変わります。やがては全てが無になる、だからこそ、前に進むのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。