スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの私?

 先週、アメリカからいとこ一家がやってきました。いとこは日本人、彼女のご主人はアメリカ人。彼らは現在、ノースカロライナに住んでいます。
 いとこと子供たちは2年に1回のペースで帰国するのですが、ご主人と会うのはかれこれ15年ぶりになります。
 じつは、私はいとこよりもご主人の方と気が合うところがあります。何かとこだわりが強いところ、おちゃらけなところ、それから、物事を複雑に考えすぎてしまうところ、いつぞや彼は「君は、日本の僕だ」と言ったことすらあります。
 そんな彼ら一家が、1両編成のローカル線に乗って、最終列車でやってきました。久しぶりに彼と対面して、お腹が少し出たことを除いては、15年前とほとんど変わっていないことに安心しました。彼はアメリカの大手ケーブルテレビ局のディレクターをしているだけあって、以前よりも人間的な包容力が増したように感じられました。
 次の日、私は彼と釣りをし、ドライブに行きました。彼は、京都と熊本に行ったばかりで、翌日は東京に寄ってから帰国するというハードスケジュールの中でしたが、のんびりとした田舎でのひとときを気に入ってくれているようでした。
「アメリカでは、どんな日本の話題が取り上げられるの?」と、私がハンドルを握りながら切り出すと、彼は「せいぜい、エコノミーか基地の問題だけだね、それもニュースの終わりの方に少し取り上げられるだけだ」と返しました。「今はテロリズムや世界経済の問題が大きいから、どうしても関係が深いイギリスやドイツの話題が多いよ」
 レイバンのサングラスをかけた彼はそう言い、大きなあくびをしました。
 彼は時に冷めたところがあります。それをアメリカンと呼ぶかどうかは別として、彼の冷淡さの中には嫌みがほとんどないのはなぜだろうといつも思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。