スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレー、フレー!

 それにしても、毎日、暑いですね。毎年のことながら、この時期ばかりは、やはりテンションが上がってきません。しかも、よりによって、私の職場は、まだクーラーが入りません。これはいったいどういうことでしょう? 壊れているのか、それともクーラーを使うにはまだまだ温度が足りないのか? 
 同僚たちは、パソコンのUSB端子に接続できる小さな扇風機を稼働していますが、私はうちわを仰ぎながらのデスクワークです。おととし、高校野球の甲子園予選で父母会の方からいただいたうちわです。表には私が応援した高校名が大きく印刷してあり、その下には「2013夏 ほとばしる汗! ガンバレ青春!」とあります。裏には監督・部長以下、選手たちの名前が連なり、その下には毛書体で校歌が記されています。
 私には、どうもこのうちわがしっくりくるようです。
 ところで、私が真夏の球場に足を運んだ時には、たいていの場合、応援する高校は負けます。ひょっとして、自分は勝利の女神を追い払う星の下に生まれているのではないかと申し訳なく思うほどです。
 だからか、私は、負けに対して耐性があるようです。もちろん、悔しくないわけではありません。ただ、勝つ喜びと同じくらいに、負けた後の清々しさに励まされるのです。
 私は、世の中において、勝ち負けがあるのは、競技の世界だけだと思っています。以前「勝ち組・負け組」という言葉もありましたが、一般社会における勝ち負けとは、実に微妙なものがあると思うのです。
 たとえ大企業の社長に君臨したとしても転落することだってあるし、逆に目標が達成できなくとも一生懸命に努力した過去は人生に活力を与えます。
 高校球児の名前が書かれたうちわを仰ぐと、彼らの一生懸命な戦いぶりを思い出し、清々しさが巻き起こるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。