スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人の時に想うこと

 私には数多くの「教え子」がいます。
 彼ら彼女らを想う時、私の場合は、充実した学校生活を送った生徒よりも、悩みや挫折を経験しながらも何とかやり抜いた生徒のことを優先的に思い出すようです。
 先日、ある女生徒のことを、ふと思い出しました。
 それは私が初めて担任を持ったクラスの生徒で、とても優秀な子でした。ただ、家が山深くにあって、経済事情により、市街地の進学校に通学することができませんでした。
 私の初任校といえば、今でこそすっかり落ち着いているようですが、当時はスクールウォーズばりに荒れていて、彼女はその中でじっと、自分の勉強に励んでいました。
 もちろん、優しい彼女はクラスメイトからも一目置かれる存在ではありましたが、やはりいろいろな悩みを抱え、何度か私に打ち明けてくれたりもしました。
 彼女は医療関係の専門学校に進学したかったのですが、経済状況から断念せざるをえず、結局福祉系の短大を出て、地元の施設で障がい者の介護職に就きました。
 就職して間もなく、山間の施設に彼女を訪ねました。高校時代と比べると、しっかりとした印象を受けましたが、やはりどこか不安げでした。入所者の方は学生のように卒業してゆくわけではない、ほとんどの場合、人生が終わるまで施設で一緒に生活することになる、その中で自分にできることは何なのか、自問自答しているようでした。
 先日、その施設のホームページを開いてみました。すると、その中に、運動会で入所者の方と2人3脚している彼女の姿がありました。今やしっかりとキャリアを重ねている彼女の笑顔には、深みが感じられました。
 与えられた場所でベストを尽くさなければならない。画面越しの彼女に励まされました。思えば、教え子から教わってばかりの私です・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。