スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロポーズ大作戦

 ラグビーワールドカップで、南アフリカがいち早く1次リーグを突破しました。そのスピードとパワーを見るにつけ、よく日本は勝ったなと、改めて感動させられます。
 ところで、ラグビーに限らず、スポーツの世界には「相性」というものがあります。エースピッチャーにも苦手なバッターはいるし、強豪チームが想わぬ「伏兵」に破れることもしばしばで、ここがスポーツの人間味でもあります。
 ただ、ラグビーだけは、「相性」に左右されにくいように思います。
 選手としてプレーすると実感することですが、たとえばスクラムでもタックルでも、相手の体格やパワーとテクニックが上回っていれば絶対に勝てませんし、スタミナで劣っていれば後半に立て続けにトライを取られてしまいます。
 戦術面でも、相手の弱みを分析し、そこにつけ込んでゆく「選択と集中」のバリエーションが豊富なチームは、当然強いわけです。
 大学時代、私たちのチームは、恥ずかしいことに200点以上の差をつけられて負けたことがありますが、あまりのショックで、何人か部員が辞めてしまったほどです。彼らはいくらやっても勝てないと、諦めてしまったのです。
 そう考えると、日本のラグビーは、「相性」に左右されにくいラグビーにおいても、ひときわ安定した強さがあるなあ、と感服しながらゲームを見ています。わかりやすく言うと、彼らのラグビーはきわめて「丁寧」で「粘り強い」のです。
 どのような人に対しても、「相性」を気にせずに接することができる、私も日本のラグビーのような人間になりたいと思って、洗面台の鏡を見ると、鏡の中の私は、私に向かってにやりと笑ってきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。