スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉にはならないこと

 原監督が退任しました。
 これほどの実績を残した監督にしては、どこかあっけなく、ものさみしい幕引きに想われるのは、私だけでしょうか?
 最近は野球中継がめっきりと減ったうえに、個人的にはテレビとはあまり縁のない生活を送っているために、ジャイアンツのオーダーを見ても知らない選手が増えましたが、それでも、原監督の退任には、何かしらの感慨があります。
 プロスポーツの監督は、大変だな~といつも思います。シーズン途中で体調不良を訴えたりする人がいるのも、うなずけるところです。
 プロスポーツがビジネスである以上、彼らは勝つために仕事をするわけです。でも、勝つためには、選手たちの教育をしなければならない、そのためには、個性豊かでプライドの高い選手たちから信頼される「何か」を持っておかなければならないわけです。
 特に、常に勝つことが求められるジャイアンツの監督の苦労たるや、想像を絶します。相手チームはいいピッチャーを充て、研究して挑むために、簡単に勝てるものではない、そういう意味で、ジャイアンツとは、伝統を守りつつも時代に対応しなければならないチームなわけで、その中で文句なしの実績を残した原監督は、「大監督」と言えるでしょう。
 退任のコメントでは「潮時」だと説明したようですが、心の中には様々な思いがあったはずです。言い訳をせず、結果を受け入れて、潔く退陣する、その姿に、勝負師の宿命と、静かなる迫力を見ました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。