スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨雲のようなイメージ

 これまで何度か「修羅場」を経験してきました。
 人生の駒が進むにつれて、誰しもが経験することなのでしょうが、私も御多分に漏れず、多方面からの災難に見舞われてきたわけです。特に、ここ数年に限っては、仕事上の修羅場が多かったように振り返ります。
「悪事は重なる」というのは私の経験則です。ほんとうに追い詰められている時に、これでもか! といわんばかりにさらなる不幸がのしかかる、「だめ押し」とでも言いましょうか、そんな状態に何度もくじけました。
 そう考えると、修羅場とは、複雑にもつれた糸に似ています。
 私はよく魚釣りをしますが、釣り糸というものは、すぐにもつれます。はじめはちょっとしたもつれ方だったのが、風が吹いて釣竿に絡まったりするとたちまち複雑化し、イライラしてきて、「せっかく海に来たのに、俺は糸をほどきに来たんじゃない」などとキレかかってきて、しまいには、糸を丸ごと切らなければならなくなります。
 それが、最近になって、やっと、糸をほどくコツをつかんできました。
 簡単にほどけそうな小さなもつれからほどくのです。そこがほどけると、不思議と、次に着手すべき部分が見えてきます。ぐちゃぐちゃになった全体を見て漠然とした嫌気に苛立つよりも、1つ1つ、目の前の簡単なもつれから、ゆっくり丁寧にほどいてゆく。もちろん、最後までほどけないもつれもあるわけですが、全体を見てパニックになるよりも心は落ち着いています。
 仕事でもそう。まず目の前の1つを片付けると、次への扉が開いたような気分になって、肩の力が抜けます。追い詰められた時ほど目の前の第一歩から着手する、そんなことを念頭に置きながら、今日も仕事と格闘しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。