スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨトシヲ!

 先週末、カナダ出身の同僚が母国に帰省するということで、帰り際、彼女に向かって「よいお年を」と声をかけました。
 まだ小学生の頃、数年前に亡くなった伯母が、大晦日、近所の人たちにこの言葉を言っていたのを聞いて、なんだか心が温かくなったのを覚えています。
 それ以来、「よいお年を」と言うと、いつも独特の情緒を感じてきたわけですが、そのカナダ出身の女性は、立ち止まって「ヨトシヲ?」と首をかしげました。
 それで、私は、メモ帳に「よい=good」「お年を=year」と、実に安直な英単語を記しておきながら、待てよ、この「お年を」は、「今年」を指すのかそれとも「来年」を指すのかと思案しているところに、彼女が「Oh!」と目を輝かせて、「We wish you a Merry Christmas,and happy new year. と同じね」と返してきました。
 たしかに「よいお年を」にしても「We wish ・・・」にしても、今年の残りの日々を大切にすることによって、すてきな新年を迎えてくださいという意味が込められているのは、共通しているように思います。
 彼女は「あなたは私のジャパニーズ・ティーチャーね、とうれしそうに言いながら、私のメモをスマホで撮影して「ヨトシヲ!」と手を上げてオフィスを出て行きました。
 師走も半ばを過ぎると、年の瀬がぐっと実感されます。良かったことも、つらかったことも、思い起こせばいろいろあった1年。
 この1年を振り返りつつ労をねぎらおうとする心は、日本も欧米も、いや、世界中共通なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。