スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オジサンのパワー

 ここ1週間、普段は1時間の通勤に2時間かかっています。路面がパリパリに凍っているからです。
 思えば、私の通勤の歴史に凍結はつきものでした。初任地は山間にあり、途中の湖はガチガチに凍って路面はまるでゲレンデでした。太陽が昇るとグラウンドの氷が溶けるために部活動の時間は水浸しになり、冬のホッケー部の練習は、毎日ランニング、しかも選手たちはスリップして転倒していました(ゴメンナサイ・・・)。
 あれから職場を転々としましたが、この時期の通勤は常に危険と隣り合わせで、何度かスリップ事故を経験もしながら、どうにか今に至っています。
 今朝もまだ夜が明けないうちから家を出て、凍結した道路を走行しました。
 えてして、自分の身に降りかかるトラブルは回数を重ねるごとに慣れてきて無害化されるものですが、氷上における車の運転だけはそうはいきません。油断してスピードメーターが60㎞を超えると、必ずスリップします。むしろ慣れは天敵です。
 ただ、「対応力」は身につくように思います。
 まだ運転に慣れない頃、雪道ではハンドルを握る手に力が入り、職場に着いた時には1日のエネルギーの半分以上を消費していましたが、今は2時間のドライブをしても、いつもと大して変わらずに仕事に入ることができます。
 大きなスリップをする回数も年々減っているように思います。というか、事故をしない程度に軽くスリップをすることによってその日の路面状況が分かり、それを超えないように自ずと適応しているのだと思います。
 鮮やかなハンドルさばきとアクセルワークを駆使しているわけではないのに、運転が楽になってきた、およそ経験を重ねるというのは、危険を予知し対応することなのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。