スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツカーとため息と

 先週の日曜日のことです。
 神戸ポートピアホテル27階の豪華な部屋でゆっくりしすぎた私は、予定よりも遅くチェックアウトすることになりました。空はどこまでも青く、ちぎれた脱脂綿のような雲が所々に浮かんでいるだけでした。
 私はバッグとキャリーケースを持ち、ホテルから新神戸駅までのシャトルバス乗り場に立ちました。すると、前には若い男女がすでに待っていました。2人とも首にニコンの一眼レフを提げていて、アクティブな服を着ていることからしても、どうやら写真を撮りながら神戸の街を回っているようでした。
 女性の方が背は高く、ニット帽をかぶり大きめのピアスをして、切れ長の目でポートアイランドのビル群を見上げていました。男性の方はがっしりした体型で、少し女性の機嫌を伺うところがありました。あぁ、なんだか今どきのカップルだなと思いながら、私は2人の後ろに立っていました。
 バスを待つ間、ホテルの玄関にいろんな車が入ってくるのが見えました。地方ではなかなかお目にかからないBMWの最新モデルの後部座席からは、着物の女性が降りました。
 次に、レクサスの黒いスポーツカーが入ってきました。運転手はホテルマンに駐車場の位置を確認した後、軽快なエンジン音を響かせながら私たちの前を通過していきました。
 その時、私の前に立っている女性が「良い車ね」とつぶやきました。車そのものに興味があるわけでもなさそうでした。それから、車が消えた後で「良い車っていうのは、それなりの速度が似合うわよね」と、しっとりした口調で言いました。
 彼女を見ていると、神戸にいるのだということが実感されました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。