スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉物語 72

 建物の内部は薄暗いが、観音像の金色だけは外に漏れている。足を踏み入れると本尊は静かに鎮座している。僕はその大きさに言葉を失う。
 明子も「わぁー」と綿飴のように繊細な声を上げる。十一面観音は右手に杖を、左手には花を挿した瓶を持っている。鎌倉大仏の生真面目さとは対照的だ。
 その慈悲深い表情にさらされた時、ふわりと宙に浮いたような感覚にとらわれる。そして明子をこれからも愛し続けるパワーをもらったような気がする。
 僕たちがここに来たのは偶然なんかじゃない。ここに運ばれてきたのだ。僕はもっと自信をもってもいいのではなかろうか。
「大丈夫?」
 明子は僕の顔を覗き込む。僕はもちろん大丈夫だと応える。十一面観音は鈍い金色の光を発し続けている。

 本尊に礼拝した後、長谷寺の境内をひととおり見て回り、再び見晴台に戻ってきた。相変わらず空はけだるい様子で、海も空に倣うかのように、同じ表情を浮かべている。
「ねえ」
 明子は由比ヶ浜を見ながら言う。
「話は戻るんだけどね、よくよく考えたら、北条政子ってすごい女性だと思わない?」
 僕は彼女の横顔に視線を遣る。彼女は政子の人生に自らを重ね合わせていることはすぐに分かる。夫の頼朝に続いて息子の実朝までも殺された悲しみに共感しているのだ。
「政子は尼将軍《あましょうぐん》って言われてたのよね」
 明子はそう続けた。
 政子が落飾《らくしょく》したのは頼朝の死後だった。そうしてダミーの将軍を立てながら、自らは執権として政治の実権を握り、幕府の安定を図ったのだと。
「なんだか不可解ね」
 明子はそう言い、帽子のつばを少しだけ傾けた。
「出家して仏門に入った女性が政治の世界に入るなんて、矛盾してない?」
「僧侶になった人間は俗世を絶つことが原則だって言うこと?」
「そう」 
 それについて考えてみる。たしかに僧侶が政治の実権を握るなど、今でも考えにくい。
「彼女も生きながら死んでいたんじゃないかしら」
 ふと明子の方を見る。彼女も僕の方を向く。
「いや、むしろその逆だと思う」
 僕は言う。
「きっと北条政子は、死を覚悟しながら、その分力強く生きてたんだよ」
 すると明子は、僕の顔から目を離して海の方に視線を送る。海面には数艘のヨットと、上空にはカモメがふらふらと漂っている。
 彼女はしばらく何かを考えた後で、ふっと鼻で笑う。
 明子の心に何が浮かんだのか、僕には想像できない。
 だが、僕は動じない。それより、自分の言いたいことを言ったという満足がある。
 返し技で一本取ったような満足だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。