スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉物語 74

長谷駅から江ノ電に乗り、再び鎌倉駅に戻ってきた時には、雨は本降りになっていた。
 僕たちは、反対側のJRのホームにちょうど待機していた横須賀線に乗った。
「鎌倉」と書かれた標示板が、発車と同時にゆっくりと後ろに流れて行くさまを、僕は最後まで見届けた・・・ 

 北鎌倉駅に停車した時には円覚寺の森が雨に濡らされているのが見えた。ここを訪れたのはずいぶんと前のことのように感じられる。
 青空の下、明子と二人で石段を上がったのは昨日のことだ。その光景を思い出すと、まるで映画のエンディングを見ているときのような、ノスタルジーに襲われ、胸が締め付けられた。

 新横浜駅に着くと、行き交う人の数が格段に増えた。
 平日ということもあってスーツを着たサラリーマンたちが黒い渦のようにせめぎ合っている。
 僕たちは人混みを避けながら、どうにか「みどりの窓口」にたどり着き、新山口駅行きの切符を手にした。
 ホームへと上る長いエスカレーターに運ばれながら、僕たちは顔を見合わせてため息をついた。
 おそらく僕たちは、夢から醒めたような感覚を共有していたのだ。

 夢・・・

 エスカレーターが真ん中まで来たとき、天と地がひっくり返ったような錯覚を感じた。目の前に繰り広げられる生々しい現実こそが、幻のように思えてきた。
 僕たちは本当に、さっきまで夢の中にいたのかもしれない。

 ホームに置いてある自動販売機で緑茶を買い、時間通りに滑り込んできた「のぞみ」に乗り込む。
 指定席はほぼ満席で、明子を窓際のシートに乗せた後、僕は通路側に腰を下ろした。車内は空調が効いているものの、どことなく湿っぽい。
 新幹線が動き出す前から僕たちは手をつないだ。長谷寺から続く胸のぬくもりは依然としてある。目の前の情景が幻であろうが何であろうが、このぬくもりだけは消えやしない。
 明子の方を向くと、彼女も僕を見た。彼女は疲れた笑みを浮かべている。
 
 のぞみは静かに加速し始める。それに伴って新横浜駅周辺のビル群がドミノのようにぱたぱたと後ろに倒れてゆく。
 分厚い窓ガラスには雨粒が頬を伝う涙のように転がり、やがて弾き飛ばされる。

 僕はシートをいくぶんかリクライニングさせ、車内の様子を確かめる。

 指定席の乗客はおしなべて静かだ。
 新聞を読んだりスマートフォンを指でなぞったり、思い思いの時間を潰している。車両入口のドアの上では電光掲示板がさっそくニュースを流し始める。飲酒運転で爆走した車が通行人を次々とはねたり、北朝鮮がミサイル実験をしたり、どこかの銀行が破綻して大騒ぎになっているようだ。

 それにしても、僕の周りにいるのは誰だろう? 彼らは僕と同じ新幹線に今乗っている。少なくとも、それほどの縁がある。ならば僕たちはこのハイテクマシンで一体どこに行こうとしているのか?

「人生はつかの間の灯さ」
 サエキ氏の声が脳裏にささやかれる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。