スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉物語 最終回

 年季の入ったマークⅡワゴン、鶴岡八幡宮、倒れた大銀杏、それから灰色の空。
 あの時僕は失意のど真ん中にいた。
 ああ、やっぱり明子は僕から離れていくのだと半ば諦めてもいた。
 でも、だからこそ、彼女を見つけた瞬間、開き直ることもできた。
 僕は、ここぞとばかりに思いのすべてを彼女にぶつけた。過去ではなく未来を見つめてほしいと主張した。
 それから、明子の腕を引っ張り、強引にホテルに戻した。

 支配人の作った朝食、心のこもったサラダとオムレツ。

 部屋に戻ってから、明子は山本氏の話をした。
 山本氏は『静かな散歩道』という写真集を残して、すでにこの世を去っていた・・・

 ふと明子に目を遣る。彼女は窓側に頭を傾けてすやすやと眠っている。深めにかぶった帽子は座席のヘッドレストに引っかかって脱げそうになっている。
「なあ明子」
 心の中で彼女に向かってつぶやく。
「今回の旅でいろんな人と出会ったけど、その中での一番は君との出会いだったかもしれないよ」
 僕は帽子の向きを整えてやる。

 再びボールペンを手に取り、記録を再開する。
 鎌倉駅、江ノ電、鎌倉大仏、長谷寺。紫陽花の株、見晴台、十一面観音、それから地蔵に囲まれた小さなスペース。そこで僕たちは強く抱き合った。ついさっきのことだ。
 魂が溶け合って一つになったような感覚は今でも胸を温め続けている。
 そういえば明子は、僕の部屋で、ケーブルテレビの旅番組を見ながらこんなことを言っていた。

「鎌倉って不思議な街なのよ。北と南で全然違うの」

 実際に足を運んでみると、なるほど深くうなずける。
 その北と南の違いは、僕と明子の心の陰と陽を対比させ、象徴化しているようにも感じられる。

 のぞみは名古屋駅に停車する。
 僕たちの車両からも多くの人たちが降車し、その後で同じくらい多くの人たちが乗り込んでくる。彼らは訓練された鳥のようにさくさくと自分の席に着き、やはり思い思いに時間を潰し始める。
 小さな手帳には数ページにわたる記録が出来上がっている。
 最後に今日の日付を記し、それから水色の表紙には「鎌倉物語」という題を付ける。

 のぞみは再び静かに動き出す。
「次の停車駅は京都」というアナウンスが、列車内の空気をかすかに揺らす。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。