スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 140

 京都外大を通過したあたりでふと車内を見渡すと、乗客は少し減ったように思えた。つい今まで世間話をしていた中年女性たちも、それから学校の話題で盛り上がっていた女子高生たちも、いつのまにやら姿を消している。吊り輪にぶら下がっている人はまだまだ多いが、それでも心なしか、車内は静かになったような気がする。
「源氏と関係を持った明石の君は、もう後戻りはできなくなってました」と奈月は話を続けた。その声はよりはっきりと僕の耳に届くようになっている。
「それなのに、光源氏の思いが前ほど感じられなくなってしまって、明石の君はつらい時間を過ごします。『女、思ひしもしるきに、今ぞまことに身も投げつべき心地する』。つまり、恐れていた通りの展開になってきたので、明石の君は、今こそほんとうに身を投げてしまいたいほどの気持ちになっているのです」
「せつないな」と僕はさすがに明石の君に同情した。 
「このへんの明石の君の姿は、やっぱり六条御息所と重なりますよね」と奈月は言った。「ただ、さっきも言いましたが、この後、明石の君と六条御息所は全く別の運命に生きるんですけどね」
 奈月はそう続け、さらにしおりに目を落とした。三菱重工の前を通過したバスは、ほどなくして西大路にさしかかった。この辺りは、交通の流れも比較的スムーズだ。大きな交差点を右折する瞬間、奈月の身体がより密着した。バスはそのまま西大路を北上した。
「明石の君にとっては初めての恋の苦しみでした。これまでは父の明石の入道だけを頼りに、ただ何となしに、これといった苦しみを感じずに生きてきました。それにひきかえ、男の人を本気で好きになるっていうのは、こんなにも苦労の多いことなのかと、想像していた以上に悲しい気持ちを抱きながら彼女は生活することになります。それでも、たまに源氏に逢う時なんかは、その思いを抑えて、穏やかな憎げのない様子で接するんです。偉いですよね、彼女」と奈月は今度は明石の君の肩を持った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。