スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 150

「ただ、明石の入道は、縁とか運命とかを強く信じる人でした。だから、源氏の帰京にも、何か意味があるに違いないと思おうとするんです。その結果入道はこんなふうに捉えます。『思ひのごと栄えたまはばこそは、わが思ひのかなふにはあらめなど、思ひなほす』。訳すと、光源氏が都に戻ってお栄えになれば、それこそ、私の本望が叶ったことになるのだと気を取り直すのだった、という意味です。源氏の栄転がそのまま娘の格を上げることにもなるのだと考えることで、離別を受け容れようとしたんですね。この『思ひなほす』っていうとこが、いかにもですね」
 奈月はまるで入道その人をいとおしむような瞳でしおりを見ている。
「で、8月になって、いよいよ出発を2日後に控えた時、光源氏はあまり夜も更けない時間に明石の君のいる岡辺の宿を訪れたんです」
 奈月がそう言った瞬間、明石の無量光寺の前に続いていた『蔦の細道』の光景が頭に浮かんだ。別れを間近に控えた源氏が、肩を落としながら、それでもとにかく明石の君に1秒でも多く逢いたくてあの道を急ぐ姿が同情の色を帯びて想像できた。僕は思わず「光源氏は、残された明石の君との時間を永遠に刻みつけときたかったんだろうな」と口走った。
 すると奈月は僕の方に顔を向け、「分かりますよね、その気持ち」としみじみと言葉で寄り添ってきた。それから彼女は噛みしめるように話を続けた。
「まだ夜が更けないうちに愛人を訪ねるというのは、当時はあまりやらないことだったんです。暗闇の中、男が女の部屋の中にそっと忍び込むというのが恋の流儀でした。なので、人としての『けはひ』とか『にほひ』とか、そんなことがとても大事だったんです。でもその日は、いつもよりも空が明るい分、明石の君の姿がいつもよりもはっきりと見えたんです。おそらく源氏は、明石の君の素顔を焼き付けておきたかったんでしょうね。そして彼女は、源氏が思っていた以上に美しかったのです」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。