スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 160

 僕の中にあるのは記憶の断片だ。しかも1コマ1コマの記憶には、相当のばらつきがある。たとえば、前回の旅で明石から京都に入った時の風景はまるで残っていないのに、この嵐山に来た途端、あの時食べたソフトクリームの味まで思い出すことができる。奇妙といえば奇妙だ。
 そうして今、渡月橋を渡りながらホテルに向かっているのだが、今度はその瞬間の記憶が見あたらない。あの時僕たちは、奈月と東山を含んだサークルの仲間たちとこの橋を渡ったはずなのだ。
 そんな僕の隣で、奈月が「夕方の風は心地いいですね」とさわやかに声を上げた。彼女は歩みを緩め、ソフトクリームをなめながら鴨川を見ている。花柄のシュシュが僕の目の前にある。
「今日はかなり歩きましたからね、風に癒されますね」と奈月は風と戯れるように言った。
 彼女の肩越しには京都市街の遠景がうっすらと広がっている。前回も見ているはずなのに、やはり初めての風景のように感じられる。それと同時に、今晩僕はこの子と同じ部屋に泊まるのだという実感が増大してくる。これから何やらドラマが待ち受けているような予感がじわじわと広がる。
 そのうち、これまでの旅は序章にすぎなかったのではないかとさえ思えてくる。須磨寺を訪ね、海浜公園に佇み、明石海峡大橋を越えて明石に戻った。そこで明石の入道の生き様と光源氏と明石の君との恋物語を辿り、今この嵐山を歩いている。それらはすべて、これからの時間の伏線だったのではないか? 
 あるいは、こうも思う。大学時代、僕は奈月を妹のように慕ってきた。彼女は同じ学科の後輩で、研究室も隣だった。おまけにサークルまで同じだったわけだ。自分の学生生活を振り返る時、もしかすると最も親密な仲間だったと言えるかもしれない。
 だが、こうやって2人で渡月橋を歩いていると、その学生時代の出会いから今までの奈月との時間そのものが序章だったのではないかとさえ思えてくる。もしかすると、奈月を妹のような存在だととらえていたこと自体が、僕の勝手な思い込みだったのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。