スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 170

 僕はビールを置き、奈月に続いて縁側の椅子に腰掛けた。僕を前にした奈月は、浴衣の裾のつまを指先でぴたりと合わせた。
「大丈夫。今は今だし、それから、奈月はちゃんと奈月だよ」と僕は彼女を励ますように言った。窓の外には、今奈月が形容した通り、外灯に照らされた渡月橋が闇夜に白く浮かび上がっている。さっきまでの青空がまるで嘘のような、静寂に包み込まれた夜の風景だ。
 すると奈月はだしぬけに「たとえば、私は明石の君じゃないですか?」と言ってきた。僕はその問には答えられなかった。全く予期せぬ質問だったからだ。
「いやそれとも、紫の上かもしれないです。愛する人を信じて、ひたすら待つ女性」
 それを聞いた時、佐賀の実家で東山を待っていた奈月の姿が想像された。だがその甲斐もむなしく、あいつは都会の女性とあっけなく結婚して上海に渡ってしまった。たしかに奈月には、光源氏を待つ紫の上の姿に重なるところがあるのかもしれない。
「いいや、それとも、六条御息所かもしれないですね」と奈月はさらにそう続けた。
 だが僕にはあの女性だけは奈月と重なるところがないように思われた。光源氏の最初の妻である葵の上に嫉妬を抱くあまり、魂が身体から抜け出し、無自覚のまま生霊になった女性。それでもなお六条御息所は、源氏が自分のところに戻ってくれることを夢見て待ち続けた。しかし願いは叶わなかった。たしかに不運もあったが、それを嘆いても仕方なかった。
 それで御息所は心を鬼にして娘と一緒に伊勢に下った。知らせを聞いた源氏は、やっと会いに来てくれた。その夜、互いの変わらぬ思いを確かめ合いながらも、翌朝源氏は御息所の元を去った。舞台は嵯峨野の野宮だった。
「さすがに、奈月が六条御息所と重なるところはないだろう」と僕は言った。久しぶりに何かを喋ったような気がした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。