スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 200

 思い出すのは、夜風が運んでくる枯葉の匂いだ。奈月が大学4年生の秋。すでに卒業していた僕は、大学近くの学習塾で講師をしていた。それで、仕事が終わった後で奈月からよく電話がかかってきたものだ。アパートの窓を開け、ビールを飲みながら僕は奈月の話に耳を傾けた。
 あの時奈月は佐賀に帰って母を手助けするか、それとも就職を決めた東山についてゆくかという選択肢の間に挟まれていた。だが人生を左右するようなことに僕がアドバイスなどできるはずはなかった。僕はただ奈月の話をすべて受け止め、彼女がカタルシスを得られるように願うだけだった。それは、深刻度こそ違うものの、受験に悩む高校生の問題解決を支援するやり方と基本的に同じだった。
 奈月の悩みの本質は、じつは父や母のことではなく、東山との関係だった。今し方奈月は「付き合うということは友達の関係よりも高尚だ」と話したが、かといって結婚もしていない東山についてゆくということに踏み切れずにもいた。
「あの時、さんざん悩みましたけど、佐賀に帰ったのは間違いじゃなかったと思うんです」と奈月は話を続けた。
「教員試験の勉強もできたし、臨時採用で働けたわけですし。でも、今、冷静に振り返ってみると、それが本当に私自身のためだったのかなっていうことが分からなくなってるんですね。たとえば、ほんとに、たとえばの話ですよ、あの時東山君について大阪に行ってたら、今頃は絶対に違う人生があったわけじゃないですか。ひょっとして、上海に飛ばされてるかもしれないけど、子供ができて、それなりに家庭を築いていただろうって思うんです。
 もちろん、先輩が言ってくれたように、どのみち東山君とは結婚しなかったかもしれませんよ。だけど、実際には、東山君と連絡が途絶えた後もかなり引きずってましたし、あの人が結婚したことを聞いてからは夜も寝られなかったんです。しかもあの時はまだお父さんの状態が安定しなくて、身も心もボロボロだったんです。どうしてこんなに悪いことが重なるのか、本気で神様を恨みましたもん」 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。