スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 210

 僕は、はだけた浴衣の間から奈月の両肩に手を回し、乳房に頬を押しあてた。見た目から想像していたよりも大きくて弾力のある乳房だった。出会ってから10年以上経って初めて知る奈月の身体だ。
 気が済むまでそれをした後で、次に唇で乳首を軽く噛んだ。月明かりに尖って見えた乳首は、さらに小さく、固くなっていった。奈月は熱い息を吐き出しながら、再び身体をくねらせた。
 そうしていると、初めて幸恵の裸に触れた瞬間の記憶が浮かび上がった。あれは彼女のBMWの車内だった。夕闇が辺りを覆い、今日と同じように草の匂いが遠くに感じられた。夕空にうっすらと照らされた幸恵の乳輪を無我夢中でなめた。彼女はひな鳥のような声を上げ、僕たちはそのまま車の中で密かに交わった。
 東京に出てから、僕はガールフレンドと呼べる女性と出会い、何度か一緒に寝た。だが、彼女との行為の中で、幸恵を抱く時のような恍惚を得ることはない。もちろんそれは、恋心に比例するものだと分かっている。だからこそ、彼女を抱くといつも、ある種の申し訳なさを覚えてしまう。
 だが、今こうして奈月の上にまたがっていると、こんなふうにも思う。別れを前提に抱き合うことが、熱くて特別な感情を呼び起こすのではないかと。
 すると、奈月が僕のシャツを脱がし始めた。知らぬ間に、シャツはぐっしょりと濡れ、汗の匂いが漂っている。風は窓から入ってきているが、心と体の火照りを冷ますことまではできない。
 僕の上半身を裸にした奈月は、手のひらで身体をさわりだした。まるで隅々まで確かめるような手の動きだった。
 僕はいったん乳首から唇を離し、今度は彼女の浴衣を完全に脱がした。奈月は白くて小さなパンティだけになった。僕は彼女をうつぶせにさせ、おしりの方からゆっくりとそれを下ろした。奈月の方も汗ばんでいた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。