スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 217

 さっきまで窓の外にあった月がいつの間にか見えなくなっている。その代わりに、山と空の境目はほんのわずかだけ金色がかってきている。どうやら記憶を追いかけているうちに深い眠りについてしまったようだ。部屋は深海のように静かだ。
「奈月」と僕は言った。海底にいる割には、声は乾いた感じで響いた。それでも返事はない。僕は布団から起き上がり、彼女を探した。その瞬間、僕はTシャツを着てショートパンツをはいていることに気付いた。僕たちは裸のまま抱き合って寝ていたはずだった。しかも僕の短パンを脱がすように促したのは奈月の方だった。だのになぜ僕は今服を着ているのだろう?
 頭の奥で何かがよじれたような気がした。それと同時に、さっきの奈月の言葉が聞こえた。
「今がいったい今であるのか、そして自分が誰なのか分からない」
 たちまち不安に襲われた僕は、もう一度奈月の名を呼んだ。声は悲痛の色を帯びて、部屋に響いた。すると、玄関の方で物音が聞こえた。戸を開けると、オレンジの白熱灯がやわらかく照らされて、洗面台の前に立った奈月が髪の毛を後ろにまとめるところだった。
「奈月」と僕は歩み寄りながら言った。安堵のあまり声が裏返った。奈月は両手を後ろ頭に回したまま僕の方を見て、「起きてこられたんですね」と小さく言った。
 彼女は花柄のワンピースを着ている。昨日着ていたマリンボーダーのワンピースと同じ丈だ。
「いったい、どうしたんだよ。まだ、夜も明けてないぞ」と言うと、彼女は「朝一の新幹線で帰らなければならないって、昨日言いませんでしたっけ?」と返してきた。頭の奥がよじれたままでは、奈月が昨日何を言っていたのかを思い出すことすらできない。
「先輩が起きる前に出るつもりでしたけど、やっぱり、そうはいきませんでしたね」と奈月は薄く笑った。まるでこの展開を予知していたかのようなゆとりのある笑みだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。