スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 271

「奈月?」と僕は尋ねた。この野宮へ来てから何度彼女の名前を呼んだことだろう。だが彼女は、これまでとは違って、僕の声など聞こえていないようだ。
「私は、先輩が私に会いに来てくれる日を夢見て、ずっと待ってたんです。そのことによって、麻理子さんが怒り出そうが、東山君に殴られようが、全然かまわなかった。先輩が私の名前を呼んで、私の手を取って、どこかへ連れて行ってくれれば、すべての問題は解決できたんです」
 僕の心に海水のように染み込んできた感覚が、僕を深いところで揺さぶり始めた。頭では、それは危ない揺れだということは分かっている。だがそれは、僕の意志で制御できるようなものでもなかった。僕は、頭の中で鳴り響く警告音を聞きながらも、ただ流れに身を委ねるしかできなかった。 
「でも、先輩は、来てくれなかった。麻理子さんを選んだんです。いえ、もしかしたら、麻理子さんが東山君に耳打ちしたように、他に愛する人がいるのかなって思ったこともありました。だって、私がどんなにメッセージを発しても、先輩は全く気づいてくれなかったんです。まるで、大きな岩のように動かなかった。でも、だからこそ、私は憧れたんです。いつか先輩が私の方を向いてくれることを」
 奈月の洞察通り、あの時僕の心の中にいたのは、他でもない幸恵だった。僕は麻理子と一緒にいながら、幸恵のことを考えていたのだ。だから僕は麻理子と同じ布団で寝ながらも、彼女を抱くことはめったになかった。それでも僕の隣にいたがる麻理子に対して、罪悪感を感じていた。でも、僕はどうしようもなかった。もちろん、その事実を奈月が知るよしもないし、今さら伝える必要もない。
「私は毎晩、東山君の隣で、先輩のことを考えていました。先輩と2人で生活することができたら、どれほど幸せだろうかと思いました。それに、これはあまり言えないことですが、麻理子さんを見返してやりたいという思いもありました。ひょっとしてあの人に殺されるかもしれないとも思いましたが、先輩が私を選んでくれたなら、怖くはありませんでした」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。