スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラキラ 280

「六条御息所は毎晩のように御簾の中で自分を慰めました。光源氏の身体を思い出すだけで彼女はすぐに濡れてしまったんです。伊勢に仕える前、この野宮で潔斎の日々を過ごす身になっても、心の中は何も変わらなかった。神の前で源氏の身体を想像することへの罪悪感も、日ごとに薄らぎました。そのうち彼女は、この野宮で源氏に抱かれたいと願うようになった。その瞬間を想像すると、どうしようもなく濡れた。彼女は掘っ立て小屋のような仮の神宮の中で自分の声を押し殺すのに必死でした。こんなところに来てまでも『人笑へ』になってはならないという羞恥心さえも、源氏への憧れには勝てなかった」
「奈月」と僕はまた彼女の名前を呼んだ。奈月はそこで話をすっとやめた。
「もう帰ろう」
 すると彼女はふっと笑い、「もう少しだけ待ってください」と言ってきた。
「もういいよ。奈月がどんなことを考えて生きてきたのか、何となく分かってきたから」
 僕がそう言うと奈月はほんの少しだけ間を置いてから、「何となく、ですか?」とつぶやいた。
「これまで私は自分のことをここまで話すことはなかった。たぶんこれからもないです。さっきも言いましたが、心の一番深いところにある秘密を打ち明けるということは、ごく限られた機会にしかできないことなんです」
 奈月の静かな迫力に、僕の心の底で揺れている感情がさらにぐらついた。動揺する僕を気にかけるふうもないまま、奈月は話を再開した。
「毎晩光源氏のことを考え続けて1年半。その瞬間はようやく訪れました。再会して間もなくのよそよそしい時間を経験した後、2人は抱き合います。源氏の胸に身体をうずめながら、御息所は長年の思いが叶ったことを実感します。そうして彼女はこれまでにないほどの恍惚に包まれるのです」
 奈月はそう言い、今まで左手に持っていた榊の枝を右手に持ち替えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作者

スリーアローズ

Author:スリーアローズ
*** 
旅に出ましょう
それも
とびっきり寂しい旅に・・・

最新の文章
リンク
みなさまの声
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
目次
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。